人体解剖学講座では大学院生を募集しています! 博士課程や修士課程に興味のある方は、お気軽に連絡して下さい。詳細は「大学院」や「研究概要」を参考にして下さい。
琉球大学大学院医学研究科
人体解剖学講座のホームページへようこそ!

教育では系統解剖学担当しています。

研究は、生物人類学、発生生物学を中心に進めています。

解剖学教育ではヒトの系統発生、個体発生を理解しつつ、人間の生物学的多様性をはっきり言える解剖学教育を行います。

高次学年の基礎研究では、臨床と直結した解剖学教育を行っています。

            ☎:098-895-1102
    e-mail:anatomy1@w3.u-ryukyu.ac.jp

NEW INFOMATION

2018年8月20日(月)
論文が受理されました。

Computed tomography examinations of surface and internal morphologies of the upper face in Ryukyu Islanders and mainland Japanese population.
Ito T, Kimura R, Ryukoden A, Tsuchiya N, Murayama S, Ishida H.
Anthropological Science (in press).

2018年7月16日(月)
小金淵佳江さんの論文がオンライン掲載されました。おめでとうございます。

A new targeted capture method using bacterial artificial chromosome (BAC) libraries as baits for sequencing relatively large genes.
Kae Koganebuchi, Takashi Gakuhari, Hirohiko Takeshima, Kimitoshi Sato, Kiyotaka Fujii, Toshihiro Kumabe, Satoshi Kasagi, Takehiro Sato, Atsushi Tajima, Hiroki Shibata, Motoyuki Ogawa, Hiroki Oota
PLoS ONE 13(7): e0200170. https://doi.org/10.1371/journal. pone.0200170

2018年7月6日(金)
論文が掲載されました。
The prehistoric peopling of Southeast Asia.
Hugh McColl, Fernando Racimo, Lasse Vinner, Fabrice Demeter, Takashi Gakuhari, J. Víctor Moreno-Mayar, George van Driem, Uffe Gram Wilken, Andaine Seguin-Orlando, Constanza de la Fuente Castro, Sally Wasef, Rasmi Shoocongdej, Viengkeo Souksavatdy, Thongsa Sayavongkhamdy, Mohd Mokhtar Saidin, Morten E. Allentoft, Takehiro Sato, Anna-Sapfo Malaspinas, Farhang A. Aghakhanian, Thorfinn Korneliussen, Ana Prohaska, Ashot Margaryan, Peter de Barros Damgaard, Supannee Kaewsutthi, Patcharee Lertrit, Thi Mai Huong Nguyen, Hsiao-chun Hung, Thi Minh Tran, Huu Nghia Truong, Giang Hai Nguyen, Shaiful Shahidan, Ketut Wiradnyana, Hiromi Matsumae, Nobuo Shigehara, Minoru Yoneda, Hajime Ishida, Tadayuki Masuyama, Yasuhiro Yamada, Atsushi Tajima, Hiroki Shibata, Atsushi Toyoda, Tsunehiko Hanihara, Shigeki Nakagome, Thibaut Deviese, Anne-Marie Bacon, Philippe Duringer, Jean-Luc Ponche, Laura Shackelford, Elise Patole-Edoumba, Anh Tuan Nguyen, Bérénice Bellina-Pryce, Jean-Christophe Galipaud, Rebecca Kinaston, Hallie Buckley, Christophe Pottier, Simon Rasmussen, Tom Higham, Robert A. Foley, Marta Mirazón Lahr, Ludovic Orlando, Martin Sikora, Maude E. Phipps, Hiroki Oota, Charles Higham, David M. Lambert, Eske Willerslev.
Science, 361: 88-92. 2018.

最先端技術を用いた古人骨全ゲノム解析から東南アジアと日本列島における
人類集団の起源の詳細を解明

コペンハーゲン大学が中心となって進めている古代ゲノム研究の国際研究チームに,日本の考古学者, 人類学者,遺伝人類学者およびゲノム研究者などから構成される研究グループが参画し、日本列島の縄文時代遺跡や東南アジアから出土した人骨26個体のゲノム解析を実施し,今日の東南アジアで生活する人々の起源と過去の拡散過程を解明しました。
今回,ゲノム解読がなされた縄文人骨は,愛知県田原市の伊川津貝塚遺跡から出土した約2千500年前の縄文晩期の女性人骨で,縄文人の全ゲノム配列を解読した例としては世界で初めての公表となります。
この縄文人骨1個体の全ゲノム配列をもとに,現代の東アジア人,東南アジア人,8〜2千年前の東南アジア人など80を超える人類集団や世界各地の人類集団のゲノムの比較解析を実施した結果,現在のラオスに約8千年前にいた狩猟採集民の古人骨と日本列島にいた約2千500年前の一人の女性のゲノムがよく似ていることが分かりました。

このように,本研究は,縄文時代から現代まで日本列島人は大陸南部地域の人々と遺伝的に深いつながりがあることが,独立した複数の国際研究機関のクロスチェック分析によって科学的に実証された初めての研究として位置付けられます。これらの知見は,日本列島に居住していた各時代の人々の起源の解明に将来活用されるだけでなく,広く東アジア・東南アジアにおける人類集団の起源と拡散に関する研究に大きな寄与をもたらすことが期待されます。

本研究成果は,2018年7月6日に国際学術誌「Science」に掲載されました。
http://science.sciencemag.org/content/361/6397/88

金沢大学からプレスリリースが出ています。
https://www.kanazawa-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/07/180709.pdf

2018年6月18日(水)
論文がオンライン掲載されました。
Association between the FGFR1 rs13317 single nucleotide polymorphism and orbitale-nasion depth based on cephalometric images
Mohamed Adel,  Tetsutaro Yamaguchi, Daisuke Tomita, Yong-Il Kim, Masahiro Takahashi, Takatoshi Nakawaki, Yu Hikita, Shugo Haga, Mohamed Nadim, Akira Kawaguchi, Mutsumi Isa, Walid El-Kenany, Abbadi A El-Kadi, Soo-Byung Park, Hajime Ishida, Koutaro Maki, Ryosuke Kimura 
Journal of Human Genetics (2018) 
https://doi.org/10.1038/s10038-018-0471-6

Association of an intronic SNP of the EFEMP1 gene with height in Tongans
Mariko Issiki, Izumi Naka, Nao Nishida, Takuro Furusawa, Ryosuke Kimura, Kazumi Natsuhara, Taro Yamauchi, Minato Nakazawa, Takafumi Ishida, Tsukasa Inaoka, Yasuhiro Matsumura, Ryutaro Ohtsuka, Jun Ohashi
Meta Gene, 17: 172-176, 2018. 
https://doi.org/10.1016/j.mgene.2018.06.004

Association study of CREBRF missense variant (rs373863828:G > A; p.Arg457Gln) with levels of serum lipid profile in the Pacific populations.
Jun Ohashi, Izumi Naka, Takuro Furusawa, Ryosuke Kimura, Kazumi Natsuhara, Taro Yamauchi, Minato Nakazawa, Takafumi Ishida, Tsukasa Inaoka, Yasuhiro Matsumura, Ryutaro Ohtsuka
Annals of Human Biology, 45: 215-219, 2018.
https://doi.org/10.1080/03014460.2018.1461928

2018年5月2日(水)
論文がオンライン掲載されました。
Yu Hikita, Tetsutaro Yamaguchi, Daisuke Tomita, Mohamed Adel, Takatoshi Nakawaki, Koshu Katayama, Koutaro Maki, and Ryosuke Kimura (2018)
Growth hormone receptor gene is related to root length and tooth length in human teeth.
The Angle Orthodontist https://doi.org/10.2319/092917-659.1

Yu Hikita, Tetsutaro Yamaguchi, Daisuke Tomita, Mohamed Adel, Takatoshi Nakawaki, Koshu Katayama, Koutaro Maki, and Ryosuke Kimura (2018)
Relationship between tooth length and three-dimensional mandibular morphology.

The Angle Orthodontist https://doi.org/10.2319/103017-734.1

2018年4月18日(水)
早坂 研先生(消化器・腫瘍外科、現、南三陸病院医師)が、日本外科学会研究奨励賞最優秀賞 受賞!

平成30年4月5~7日、東京(東京国際フォーラム)で開かれた第118 回 日本外科学会定期学術集会2018にて、早坂 研先生(消化器・腫瘍外科、現、南三陸病院医師)が日本外科学会研究奨励賞の最優秀賞を受賞しました。

論文題名は、「A new anatomical classification of the bronchial arteries based on the spatial relationships to the esophagus and the tracheobronchus」です。

気管支動脈の解剖学的研究は胸部悪性腫瘍手術、肺移植、喀血に対する血管内治療等、臨床において重要です。
本研究はMDCT画像による研究で用いられた分類法に基づく結果を、実際に肉眼解剖で確認し、縦隔内での走行経路が短いII 型の左気管支動脈はMDCTでは十分に描出されていない可能性を示唆した点で意義深いものです。
hayasaka

2018年3月5日(月)
論文が掲載されました。
The fine-scale genetic structure and evolution of the Japanese population
Fumihiko Takeuchi, Tomohiro Katsuya, Ryosuke Kimura et al.,
PLOS ONE (2017), https://doi.org/10.1371/journal.pone.0185487



>>以前の「NEW INFOMATION」はこちら