教育目標・達成目標 講義日程及び講義項目等 教科概要 評価方法 テキスト等
教科の概要とコアカリキュラムでの位置づけ   <<戻る     次へ>>
主にコアカリキュラム D 人体各器官の正常構造と機能、病態、診断、治療に基づく。最後に項目番号を記載 

骨学および骨学実習

頭蓋および頭蓋骨
内頭蓋底、外頭蓋底 *頭蓋を構成する骨の位置関係を理解する。D-4-1)②
体幹骨
椎骨(頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨)、
肋骨、胸骨
*椎骨の数は?脊椎の彎曲を理解する。D-4-1)③
*椎骨の区別ができること。D-4-1)③
四肢骨
上肢骨 ー 上肢帯、自由上肢骨
下肢骨 ー 下肢帯、自由下肢骨
*上肢帯と下肢帯の骨の違いは?D-4-1)④
*体幹の骨との連結は?D-4-1)④
*骨盤の構成と性差を説明できる。D-4-1)⑤
*骨学実習の指針を参照すること。
*頭蓋底にある孔に何が通るか?頭蓋底にある孔の名称と位置を確認する。
*眼窩を構成する骨は何か?
*側頭窩、側頭下窩、翼口蓋窩とはどこか?
*四肢骨の名前が分かり、左右の区別がつくこと。
頚部および体壁の系統解剖学および実習
頚部の体表解剖学 *解剖学実習であるので、動脈、静脈の走行、脊髄神経のそれぞれの走行を系統的に理解する必要があるとともに、臨床的に大事な局所解剖学の知識として、動脈と神経の位置関係、椎骨と神経節の位置関係などを把握する。
頚部の筋
広頚筋、舌骨上筋群、舌骨下筋群、
胸鎖乳突筋
*椎骨と下顎骨の位置関係を理解する。D-4-1)②
頚神経
皮神経、頚神経叢、脳神経(副神経、迷走神経) *副神経、迷走神経が頭蓋底のどの孔からで出て、どこへ達するかを理解する。D-2-1)(3)②
*迷走神経と横隔神経は、どこを通って胸郭へ入るか?
*交感神経幹の走行と迷走神経、総頚動脈、内頚静脈の位置関係はどうなっているだろうか?D-2-1)(3)②
頚部の動脈、静脈、リンパ管、リンパ節

*星状神経節はどこにあるか。D-2-1)(7)①
*頚部のリンパ節はどこにあるか。
*胸管は見つかったか、どこに注いでいるか?D-5-1)⑨

頚部内臓
咽頭、喉頭、甲状腺 *咽頭、喉頭の区別ができるか?D-6-1)①, D-7-1)①, D-14-1)③, D-12-1)②
*喉頭軟骨の構成を理解する。D-6-1)①
*喉頭への神経は?D-14-1)④
体幹の皮神経、皮下の静脈
上肢の筋、体幹の筋
*固有背筋の走行を理解する。D-4-1)⑦
腕神経叢、肋間神経(脊髄神経前枝)、脊髄神経後枝
*腕神経叢の構成を、頚部で確認し、鎖骨下動脈の枝との位置関係を見る。
D-2-1)-(3)③, D-4-1)④
脊髄
硬膜、クモ膜、脊髄神経節 *脊髄を覆う三層の膜を理解する。脊髄神経節とは何か?D-2-1(1)⑤
胸腔の系統解剖学および実習
肋骨および肋間筋、肋間神経
胸膜と心膜 *胸膜と心膜の関係は?D-6-1)③
縦隔、肺、心臓、大血管の位置
*縦隔の定義と区分。縦隔に含まれるものは何か?D-6-1)③
*体循環、肺循環と胎児循環を説明できる。D-5-1)⑤
心臓
外景と内景、冠状動脈、冠状静脈洞 *心臓の原位置を理解する。D-6-1)③
*心臓の弁の位置を確認し、心房・心室中隔との位置関係を調べる。D-5-1)①
*冠状動脈の分岐を理解する。D-5-1)①
*解剖学用語では足りないので、臨床で使われる名称を用いる。
静脈、動脈、気管支の分岐、リンパ節 *肺の区域、気管支の分岐を覚える。
(1-a,b,cまで)D-6-1)①
縦隔に含まれる構造
食道、横隔神経、リンパ節など *大血管と気管、気管支、食道の位置関係、迷走神経との関係を確認する。
  各ご遺体の心臓の冠状動脈の分布をスケッチする。D-5-1)①
腹腔の系統解剖学および実習
腹部内臓の原位置のでの観察 腹膜の構成
壁側腹膜と臓側腹膜、腹膜腔
*発生学の教科書を参考に、腹膜と消化管の関係を理解する。C-2-4)④
*間膜とは何か?D-7-1)②
腹部内臓に分布する脈管と神経 動脈、門脈と胸管、交感神経と副交感神経 *腹大動脈から分岐する動脈を、対で出る動脈と1本である動脈に分類する。D-5-1)⑥
*消化管に分布する動脈を理解する。D-7-1)①
*門脈及びリンパの経路は?D-5-1)⑦
*腹部臓器への動脈の分布を確認する。D-7-1)①
*静脈はどこへ戻るか?D-5-1)⑦
腹部内臓の形態と構造 食道、胃、十二指腸、空腸、回腸、結腸、直腸、肝臓、膵臓、脾臓 *腹部内臓の原位置の把握と形態の理解。D-7-1)①
*消化管の構造と部位による違いを説明できる。D-7-1)③
*肝区域とは?D-7-1)⑥
後腹膜器官 腎臓、尿管、副腎、その他血管 *後腹膜器官とは何か。D-7-1)②
*尿路を確認する。D-8-1)②
*精巣(卵巣)動静脈の走行と尿管の走行を比べてみる。
消化管に分布する動脈の変異を理解する。腹部CT,MRI像を見て、解剖所見と比較してみよう。
上肢・下肢の系統解剖学および実習
上肢の筋、下肢の筋 *四肢の主要筋群の運動と神経支配を説明できる。D-4-1)④
*それぞれの関節の動きを、筋の働きを通して理解する。D-4-1)④
神経 腕神経叢、腰仙骨神経叢 *主な神経の通り道と圧迫を受けやすい部位を覚える。
*主な神経がどの高さから出ているか?D-2-1)-(2)③
脈管 鎖骨下動脈、腋窩動脈、上腕動脈、尺骨動脈、橈骨動脈、それらの枝 *主な動脈は、屈側を通るか、伸側を通るのだろうか。D-5-1)⑥
  大腿動脈、膝窩動脈、腓骨動脈、後脛骨動脈、前脛骨動脈、それらの枝
  上肢および下肢の静脈、 リンパ節 *静脈は動脈に伴走するだけか?
関節 肩関節、肘関節、手の関節、 股関節、膝関節、足の関節 *四肢骨の連結の仕方を確認する。D-4-1)①
*手の機能を説明できる。D-4-1)④
    *四肢筋群の起始、停止、支配神経を説明できる。D-4-1)④
*四肢の神経、血管の走行が説明できる。

骨盤内蔵の系統解剖学および実習

骨盤の脈管 内腸骨動脈、外腸骨動脈、および静脈 *内腸骨動脈の分布は?D-5-1)⑥
骨盤の神経 腰仙骨神経叢、陰部神経 *陰部神経の走行経路を理解する。
*骨盤内の自律神経はどこにある?D-2-1)-(7)①
骨盤の筋 会陰の筋など *骨盤の形態と骨盤隔膜のつきかたを理解する。
骨盤内臓 泌尿器、生殖器、消化器 *女性生殖器への動脈の分布を調べよう。
*子宮の支持装置は?D-9-1)⑦
*男性・女性生殖器のどれが相同か?D-9-1)①
*精子の通る経路を理解する。D-9-1)③
頭部の系統解剖学および実習
口腔、鼻腔と副鼻腔 *口腔、鼻腔と咽頭の関係を理解する。D-1-4-1)③
眼窩内容と眼球 *外眼筋とその働き、涙腺の位置を確認する。涙の経路は?D-13-1)①,③
*眼球内容の肉眼的把握。D-13-1)①
外耳、中耳、内耳

*中耳の構造を理解する。D-14-1)①
*音はどのように伝わるか。D-14-1)②
*中耳の周りの構造はどうなっているか?
*内耳とは?D-14-1)②

脳神経 12対の走行と経路、神経節 *脳神経12対について、その走行経路、分岐、分布、機能をすべて理解すること。D-2-1)-(2)②
*中枢神経系との関連は?D-2-1)-(2)①, D-2-1)-(2)②
*それぞれの神経節はどのようなはたらきをしているか?
頭部の血管 外頚動脈、内頚動脈、内頚静脈、およびその枝 *外頚動脈と内頚動脈の分布域を確認する。D-5-1)⑥
咀嚼筋と顎関節 *4つの咀嚼筋の位置と働きを理解する。D-7-1)⑭