救急医学講座・救急部
琉球大学大学院医学研究科 救急医学講座
琉球大学附属病院 救急部
更新日 09/09/2019
受診される皆様へ
教授挨拶・特徴及び概要

〒903-0215
沖縄県西原町字上原207番地
琉球大学医学研究科
救急医学講座
TEL098-895-1197
FAX
098-895-1284

kyuigaku@w3.u-ryukyu.ac.jp

 Welcome to Department of Emergency Medicine

紙一重の緊急事態から生還を目指して

       救急部長・教授 久木田一朗



嶺井陽(当講座修士課程出身)人命救助により表彰!

 - 嶺井さんにお話を伺いました。
中部地区の大型商業施設内にて家族と買い物中に、心肺停止事例に遭遇しました。
周囲の方々にご協力を頂きながら一次救命処置を開始し、数分にわたって継続したところ、心拍が再開し意識も戻りました。
その後は救急隊によって近隣の救急病院へ搬送され、数日後には後遺症も無く自宅退院されたとのご連絡を頂きました。
院外で心停止事例に遭遇することは初めてでしたが、周囲の方々と協力してすぐに蘇生活動を実施し、救命に繋がった事はとても嬉しく思います。
蘇生活動に協力して頂いた一般客や商業施設のスタッフの方々、駆けつけて頂いた救急隊員や搬送先の病院でご尽力頂いた職員の方々など、実に多くの方々で繋げた「救命の連鎖」が喜ばしい結果に繋がったと考えます。
ご協力いただけました皆様方、本当にありがとうございました。

 

当救急部 特命講師 大内元先生が、下記国際学会にて招聘講演を行いました。

Title:What We Are Required for Integrating Simulation Learning

2019 World Federation for Medical Education World Conference (WFME 2019)

Quality Assurance in Medical Education in the 21st Century

April 7 (Sun) ~ 10 (Wed), 2019

Grand Walkerhill Seoul• Seoul, Korea

ん?  もしかして、これも大内先生ですか?

 



救急部 診療実績

当院の救急部はまだ救命救急センターにはなっておりませんが、2年以内のセンター化を目指しております。
ER型の救急医療を行っており、外来患者数は救急災害医療棟が出来た平成27年度より8000例を超え続け、救急車受入れも平成27年度より1800台(転院搬送を除く)ベース、平成30年度は2000台ベースで推移しております。
応需率(転院搬送を含む)も90%以上あり、95%以上を目標にしております。 2019.1.30  文責:久木田