救急医学講座・救急部

アクセスカウンター

琉球大学大学院医学研究科 救急医学講座
琉球大学病院 救急部
更新日 08/31/2021
受診される皆様へ
教授挨拶・特徴及び概要
2020年トピックス
リンク
講座紹介
救急科専門医指定施設
見学者募集!

医学生・研修医(初期・後期)で 施設見学ご希望の方は下記宛メール下さい。

 

 

〒903-0215
沖縄県西原町字上原207番地
琉球大学医学研究科
救急医学講座
TEL098-895-1197
FAX
098-895-1284

kyuigaku@w3.u-ryukyu.ac.jp

 
現在、ホームページをリニューアル中です。https://ryukyu-kyuigaku.com/

 


令和 3年 4月 1日 救急医学講座 教授に 梅村武寛先生が就任されました。
同日 医局会において、今後の救急科運営について熱く語られました。


 

救急部 医員 知念巧先生 International Trainee Scholarship (ITS) award 受賞!

  知念巧先生が American Thoracic Society (ATS)から
世界の非常に優れた若手研究者に贈られる
International Trainee Scholarship (ITS) awardという
大変名誉ある賞を受賞しました。


救急医学講座 大学院修士課程 仲榮眞 徹さん、合同審査会及び論文発表会にて発表

論文題目:那覇市消防局の病院前における心肺停止患者の
心拍再開率とプロトコル変更との関係について

日 時:令和2年2月10日(水)18:25
場   所 : 臨 床 講 義 棟2階 201 教 室

 当講座 院生仲榮眞徹さんが、大学院医学研究科(修士課程)合同審査会及び論文発表会 において、2年間の成果を発表しました。 コロナ渦中、消防職員としての業務を遂行しながらの研究でした。

 発表を終えて、仲榮眞 さんは次にようにコメントされました。「救急医学講座(大学院)を通して、とても多くの学びを得ることが出来ました。今後、県内の消防職員にもぜひチャレンジして頂きたいと思います。久木田一朗教授を始め、関口浩至助教、事務の末吉ゆりさんには心から感謝申し上げます。」


事例検討会 応召義務の倫理を考える
〜 救急部の事例を手掛かりとして 〜

日時:令和3年25日(金)17151815
場所:臨床講義棟1F 小講義室

臨床倫理委員会主催・救急部共催

 斎藤誠一先生に臨床倫理委員長のご挨拶を頂き、救急部看護師の志堅原さんより事例提示がされ、金城隆展先生の倫理解説の後、救急部からは 下記の方々がパネルディスカッションメンバーとして参加し 久木田一朗先生のご挨拶で幕を閉じました。

                  記

久木田一朗部長・大内 元医局長・比嘉美津代看護師長・宮里流加看護副師長・志堅原理彩看護師・西村佐智子看護師・中村まゆみ社会福祉士


救急部 特命講師 大内元先生 重点配分経費 
令和2年度ポストコロナ社会実現プロジェクトが採択されました。2021.2





〜 お知らせ 〜

〜 臨床研究・疫学研究について 〜

COVID-19に伴う下側肺障害に対する人工呼吸管理中の比較的短時間の
腹臥位療法が有用である患者の特徴の検討

琉球大学病院救急科の長期入院に至る要因の検討 カルテを用いた後ろ向きコホート研究 -

日本外傷データバンクへの外傷患者登録と登録デーを用いた臨床研究

熱中症患者の医学情報等に関する疫学調査(Heatstroke STUDY)

病院外心停止に対する包括的治療体制の構築に関する研究
(日本救急医学会多施設共同院外心停止レジストリ)

急性期機能医療施設における医療者間コミュニケーションツール活用による
連携促進を実証するための観察研究

集中治療室における2019新型コロナウイルス
による急性呼吸不全の実態調査

「消防庁救急蘇生統計データベースを用いた院外心肺停止患者の予後に関する因子の検討」
へのご協力のお願い(疫学研究に関する情報)


copyright©︎2011-2116 Depertment of Emergency Medicine Graduate School of Medicine University of the Ryukyus