山田 広幸 (Hiroyuki Yamada)

所属・役職

琉球大学 理学部 物質地球科学科(地学系)准教授

居室

理系複合棟 710号室

連絡先

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1
E-mail:

研究分野

メソスケール気象学
台風(発生論、進路など)
熱帯気象学
大気海洋相互作用、大気陸面相互作用

所属学会

日本気象学会
沖縄支部 理事
Journal of the Meteorological Society of Japan 編集委員
米国気象学会
日本地球惑星科学連合


兼務

  • 琉球大学 島嶼防災研究センター 併任教員 (2012年度〜)
  • 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 共同利用・共同研究委員会専門委員会 委員(2015年度〜)
  • 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 付属飛翔体観測推進センター運営委員会 委員(2015年度〜)
  • 京都大学 防災研究所 非常勤講師 (2012-2013年度)
  • 海洋研究開発機構 招聘主任研究員 (2012-2013年度)

科学研究費補助金

  • 豪雨と暴風をもたらす台風の力学的・熱力学的・雲物理学的構造の量的解析. 基盤研究(S), 研究分担 (代表者: 坪木和久), 2016年5月〜2021年3月.
  • 南西諸島とフィリピンのドップラーレーダーを用いた台風構造と強度の関係解明. 基盤研究(B), 研究代表, 2016年4月〜2019年3月.
  • 南西諸島のドップラーレーダーを用いた台風強度の推定. 基盤研究(C), 研究代表, 2013年4月〜2016年3月.
  • 豪雨の主要因となる海上での下層水蒸気の蓄積メカニズム解明. 基盤研究(B), 研究分担 (代表者: 加藤輝之), 2013年4月〜2016年3月.
  • 台風強度を規定するアウトフローレイヤーの氷晶粒子直接観測と上層加熱率推定. 基盤研究(B), 研究分担 (代表者: 坪木和久), 2013年4月〜2016年3月.
  • 降水雲の特性に対する地表面の影響の評価. 若手研究(B), 2008-2010年度, 研究代表, 2008年4月〜2011年3月.

その他

  • 琉球大学の千原キャンパスで一番高い建物の最上階で雲を観ながら研究をしています。亜熱帯の積雲は観ていて飽きません。
  • 地学系の伊藤研究室と連携して気象の研究を行っています。
  • 実は無類の鉄道好きですが、鉄軌道のない島でおとなしく生きています。モノレールの浦添延伸が楽しみのひとつです。
  • ビールはオリオン・・もいいのですが、五稜星マークの銘柄がどうしても止められません(特に赤星―見つけたら即箱買いです!)。
  • 家族とともに浦添で暮らしています。とあるサイトに同姓同名の方の投稿がありますが、別人ですのでご注意を。

経歴

[Top]

出生

1971年 北海道札幌市

学歴

1978/04 - 1984/03 栃木県栃木市立大宮南小学校
1984/04 - 1987/03栃木県栃木市立東陽中学校
1987/04 - 1990/03栃木県立石橋高校 普通科
1990/04 - 1994/03弘前大学 理学部 地球科学科
1994/04 - 1996/03北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士課程
1996/04 - 2000/03北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 博士後期課程

職歴

2000/04 - 2003/03 地球観測フロンティア研究システム ポスドク研究員
2003/04 - 2004/06地球観測フロンティア研究システム 研究員
2004/07 - 2010/03海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター 研究員
2010/04 - 2012/07海洋研究開発機構 地球環境変動領域 主任研究員
2012/08 - present琉球大学 理学部 物質地球科学科 地学系 准教授

学位

2000/03 博士(理学) 北海道大学

研究業績

[Top]

論文(査読付き、降順)

  1. Nasuno, T., H. Yamada, M. Nakano, H. Kubota, M. Sawada and R. Yoshida, 2016: Global cloud-permitting simulations of Typhoon Fengshen (2008). Geoscience Letters, 3:32, DOI: 10.1186/s40562-016-0064-1. [Article].
  2. Yamada, H., T. Nasuno, W. Yanase, and M. Satoh, 2016: Role of the vertical structure of a simulated tropical cyclone in its motion: A case study of Typhoon Fengshen (2008). Scientific Online Letters on the Atmosphere, 12, 203-208. [Abstract].
  3. Shimada, U., M. Sawada, and H. Yamada, 2016: Evaluation of the accuracy and utility of tropical cyclone intensity estimation using single ground-based Doppler radar observations. Mon. Wea. Rev., 144, 1823-1840. [Abstract]
  4. Katsumata, M., H. Yamada, H. Kubota, Q. Moteki, and R. Shirooka, 2013: Observed evolution of northward-propagating intraseasonal variation over the western Pacific: A case study in boreal early summer. Mon. Wea. Rev., 141, 690-706. [Abstract]
  5. Kurita, N., D. Noone, C. Risi, G. A. Schmidt, H. Yamada, and K. Yoneyama, 2011: Intraseasonal isotopic variation associated with the Madden-Julian Oscillation, J. Geophys. Res., 116, D24101, doi:10.1029/2010JD015209. [Abstract]
  6. Yamada, H., K. Yoneyama, M. Katsumata, and R. Shirooka, 2010: Observations of a super cloud cluster accompanied by synoptic-scale eastward-propagating precipitating systems over the Indian Ocean. J. Atmos. Sci., 67, 1456-1473. [Abstract]
  7. Yamada, H., Q. Moteki, and M. Yoshizaki, 2010: The unusual track and rapid intensification of Cyclone Nargis in 2008 under a characteristic environmental flow over the Bay of Bengal. J. Meteor. Soc. Japan, 88, 437-453. [Abstract]
  8. Yanase, Y., M, Satoh, H. Yamada, K. Yasunaga and Q. Moteki, 2010: Continual influences of tropical waves on the genesis and rapid intensification of Typhoon Durian (2006). Geophys. Res. Lett., 37, L08809, doi:10.1029/2010GL042516. [Abstract]
  9. Geng, B., H. Yamada, K. K. Reddy, H. Uyeda and Y. Fujiyoshi, 2009: Mesoscale Development and Along-Frontal Variation of a Meiyu/Baiu Front and Precipitation Observed in the Downstream Region of the Yangtze River. J. Meteor. Soc. Japan, 87, 423-457. [Abstract]
  10. Moteki, Q., R. Shirooka, H. Kubota, T. Ushiyama, K. K. Reddy, K. Yoneyama, M. Katsumata, N. Sato, K. Yasunaga, H. Yamada, B. Geng, M. Fujita, and M. Yoshizaki, H. Uyeda, and T. Chuda: 2008: Mechanism of the northward propagation of mesoscale convective systems observed on 15 June 2005 during PALAU2005. J. Geophys. Res., 113, D14126, doi:10.1029/2008JD009793. [Abstract]
  11. Yoneyama, K., Y. Masumoto, Y. Kuroda, M. Katsumata, K. Mizuno, Y. N. Takayabu, M. Yoshizaki, A. Shareef, Y. Fujiyoshi, M. J. McPhaden, V. S. N. Murty, R. Shirooka, K. Yasunaga, H. Yamada, N. Sato, T. Ushiyama, Q. Moteki, A. Seiki, M. Fujita, K. Ando, H. Hase, I. Ueki, T. Horii, C. Yokoyama, and T. Miyakawa, 2009: MISMO field experiment in the equatorial Indian Ocean, Bull. Amer. Meteor. Soc., 89, 1889-1903. [Abstract]
  12. Yamada, H., 2008: Numerical Simulations of the Role of Land Surface Conditions in the Evolution and Structure of Summertime Thunderstorms over a Flat Highland. Mon. Wea. Rev., 136, 173-188. [Abstract]
  13. Kurita, N., and H. Yamada, 2008: The role of local moisture recycling evaluated using stable isotope data from over the middle of the Tibetan Plateau during the monsoon season. J. Hydrometeor., 9, 760-775. [Abstract]
  14. Yamada, H., B. Geng, H. Uyeda, and K. Tsuboki, 2007: Thermodynamic impact of the heated landmass on the nocturnal evolution of a cloud cluster over a Meiyu-Baiu front. J. Meteor. Soc. Japan, 85, 663-685. [Abstract]
  15. Yamada, H., B. Geng, H. Uyeda, and K. Tsuboki, 2007: Role of the heated landmass on the evolution and duration of a heavy-rain episode over a Meiyu-Baiu frontal zone. J. Meteor. Soc. Japan, 85, 687-709. [Abstract]
  16. Geng, B., and H. Yamada, 2007: Diurnal variations of the Meiyu/Baiu rain belt. SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere), 3, 61-64. [Abstract]
  17. Moteki, Q., R. Shirooka, K. Yoneyama, B. Geng, M. Katsumata, T. Ushiyama, H. Yamada, K. Yasunaga, N. Sato, H. Kubota, K. K. Reddy, H. Tokinaga, A. Seiki, M. Fujita, Y. N. Takayabu, M. Yoshizaki, H. Uyeda, and T. Chuda, 2007: The impact of the assimilation of dropsonde observations during PALAU2005 in ALERA, SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere), 3, 97-100. [Abstract]
  18. Zhang, C.-Z., H. Uyeda, H. Yamada, B. Geng, and Y. Ni, 2006: Characteristics of mesoscale convective systems over the east part of Continental China during the Meiyu from 2001 to 2003. J. Meteor. Soc. Japan, 84, 763-782. [Abstract]
  19. Zhang, C.-Z., H. Uyeda, H. Yamada, and B. Geng, 2006: Characteristics of convections of medium depth to south of the Meiyu front. SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere), 2, 160-163. [Abstract]
  20. Yamada, H., and H. Uyeda, 2006: Transition of the rainfall characteristics related to the moistening of the land surface over the central Tibetan Plateau during the summer of 1998. Mon. Wea. Rev., 134, 3230-3247. [Abstract]
  21. Geng, B., H. Yamada, K. K. Reddy, H. Uyeda, and Y. Fujiyoshi, 2004: An observational study of the development of a rainband on a Meiyu front causing heavy rainfall in the downstream of the Yangtze River. J. Meteor. Soc. Japan, 82, 1095-1115. [Abstract]
  22. Yamada, H., H. Uyeda, K. Kikuchi, M. Maki, and K. Iwanami, 2004: Dual-Doppler radar observations on factors causing differences in the structure of snow clouds during winter monsoon surges. J. Meteor. Soc. Japan, 82, 179-206. [Abstract]
  23. Yamada, H., B. Geng, K. K. Reddy, H. Uyeda, and Y. Fujiyoshi, 2003: Three-dimensional structure of a mesoscale convective system in a Baiu-frontal depression generated in the downstream region of the Yangtze River. J. Meteor. Soc. Japan, 81, 1243-1271. [Abstract]
  24. Uyeda, H., H. Yamada, J. Horikomi, R. Shirooka, S. Shimizu, L. Liu, K. Ueno, H. Fujii and T. Koike, 2001: Characteristics of convective clouds observed by a Doppler radar at Naqu on Tibetan Plateau during the GAME-Tibet IOP. J. Meteor. Soc. Japan, 79, 463-474. [Abstract]
  25. Ueno, K., H. Fujii, H. Yamada, and L. Liu, 2001: Weak and frequent monsoon precipitation over the Tibetan Plateau. J. Meteor. Soc. Japan, 79, 419-434. [Abstract]
  26. Shimizu, S. K. Ueno, H. Fujii, H. Yamada, R. Shirooka, and L. Liu, 2001: Mesoscale characteristics and structures of stratiform precipitation on the Tibetan Plateau, J. Meteor. Soc. Japan, 79, 435-461. [Abstract]

論文(その他)

  1. 山田 広幸、2007:熱帯の擾乱が梅雨前線の活動に与える影響. 月刊海洋, 39, 188-192. [引用]
  2. 山田 広幸、2006:熱帯西部太平洋上のパラオで観測された台風の"卵". 月刊海洋, 38, 703-708. [引用]

学位論文

  1. Hiroyuki Yamada, 2000: Observational Studies on Factors Causing Differences in the Development of Snow Clouds during Winter Monsoon Surges. 博士論文(北海道大学大学院理学研究科) pp. 154.
  2. 山田 広幸, 1996: 石狩湾周辺に発生する雪雲の発達過程. 修士論文(北海道大学大学院理学研究科), pp.76

書籍

  1. Yamada, H., 2015: Weather and clouds in the Ryukyu Archipelago, Nature in the Ryukyu Archipelago: Coral Reefs, Biodiversity, and Natural Environment, (Editor: K. Fujita, T. Arakaki, T. Denda, M. Hidaka, E. Hirose, J. D. Reimer), pp 122-127.
  2. 山田 広幸, 2015: 琉球列島の天気と雲の特徴. 琉球列島の自然講座, (琉球大学理学部「琉球列島の自然口座」編集委員会編), ボーダーインク, P162-169.
  3. 山田 広幸, 米山 邦夫, 2013: ラージスケールの雲システム. 図説 地球環境の辞典, (吉崎正憲, 野田彰, 他編), 朝倉書店, P86-87.
  4. Oouchi, K., H. Taniguchi, T. Nasuno, M. Satoh, H. Tomita, Y. Yamada, M. Ikeda, R. Shirooka, H. Yamada, K. Yoneyama, 2012: A prototype quasi real-time intra-seasonal forecasting of tropical convection over the warm pool region: a new challenge of global cloud-system-resolving model for a field campaign. Cyclones: Formation, Triggers, and Control, (Eds., K. Oouchi and H. Fudeyasu), Nova Science Publishers Inc., Hauppauge , New York. Ch.11. [Link]

解説・雑文など

  1. 山田 広幸, 嶋田 宇大, 2016: 気象レーダーが捉えた2015年台風第15号および第21号の暴風. 暴風(かじふち), 44, XXX-XXX.
  2. 山田 広幸, 2015: 熱帯域における台風の観測とシミュレーション: 雲と降水をどこまで再現できれば満足か? (2013年度春季大会シンポジウム「変化する地球環境と気象学の役割」の報告). 天気, 62, 253-257, [引用]
  3. 川島 正行, 津口 裕茂, 山田 芳則, 榎本 剛, 清水 慎吾, 小野 耕介, 中野満寿男, 山田 広幸, 伊藤 純至, 2014: 第15回非静力学モデルに関するワークショップの報告. 天気, 61, 211-218, [引用]
  4. 加藤 輝之, 上田 博, 竹見 哲也, 佐野 哲也, 纐纈 丈晴, 山田 広幸, 2013: 第9回「東アジア域でのメソ対流系と顕著気象に関する国際会議(ICMCS-IX)」参加報告. 天気, 60, 539-546, [引用]
  5. 山田 広幸, 竹見 哲也, 那須野 智江, 宮川 知己, 林 修吾, 増永 浩彦, 2011: 第34回メソ気象研究会の報告: 熱帯域の降水を伴うメソ擾乱の観測とモデリング. 天気, 58, 813-818, [引用]
  6. 加藤 輝之, 山田 広幸, 上田 博, 篠田 太郎, 尾上 万里子, 耿 驃, 津口 裕茂, 吉崎 正憲, 纐纈 丈晴, 中井 専人, 猪上 華子, 2010:第7回「東アジア域でのメソ対流系とハイインパクトな気象・気候に関する国際会議(ICMCS-VII)」参加報告. 天気, 57, 143-149. [引用]
  7. 篠田 太郎、山田 広幸、遠藤 智史、田中 広樹、上田 博、2009:中国華中域における大気境界層・降水システム研究の進展 〜GAME/HUBEX特別集中観測からの10年〜. 天気, 56, 971-981. [引用]
  8. 児玉 安正、山田 広幸、2007: 日本気象学会創立125周年記念解説「アジアの梅雨・世界の梅雨」. 天気, 54, 529-532. [引用]
  9. 吉崎 正憲、加藤 輝之、柳瀬 亘、楠 研一、林 修吾、別所 康太郎、沢田 雅洋、茂木 耕作、上田 博、山田 広幸、益子 渉、2007: 第5回「メソスケール気象と台風に関する国際会議」参加報告. 天気, 54, 706-710. [引用]
  10. 別所 康太郎、山田 広幸、益子 渉、茂木 耕作、2007:コロラド州立大学大気科学共同研究所(CSU/CIRA)訪問記.天気, 54, 753-756. [引用]
  11. 吉崎 正憲、上田 博、山田 広幸、坪木 和久、クリシュナ レディー、耿 驃、大淵 済、加藤 輝之、2005: 「東アジアにおけるメソ対流系と豪雨の国際会議(ICMCS-V)」報告. 天気, 52, 363-368. [引用]
  12. 藤吉 康志、竹見 哲也、那須野 智江、久芳 奈遠美、山田 広幸、勝俣 昌己、上田 博、坪木 和久、高橋 千陽、大東 忠保、出世 ゆかり、野村 光春、清水 慎吾、茂木 耕作、三隅 良平、中井 専人、石坂 雅昭、岩本 勉之、和田 誠、村上 正隆、折笠 成宏、楠 研一、永戸 久喜、橋本 明弘、金田 幸恵、渡邊 明、2005: 第14回雲・降水国際学会参加報告. 天気, 52, 363-368. [引用]
  13. 山田 広幸、2004:Marine Science Seminar, 〜梅雨の気象のカギは大陸にあり〜「梅雨の集中豪雨の起源をたどる」. Blue Earth, 2004/5-6月号, P34-37. [引用]
  14. 山田 広幸、耿 驃、2004:中国の淮河(ホワイホー)流域で12年ぶりに発生した洪水被害の見聞録、天気、51, 421-426. [引用]
  15. 小池 俊雄、清水 収司、城岡 竜一、山田 広幸、上野 健一、藤井 秀幸、Liping Liu、安成 哲三、住 明正、上田 博、上野 精一、山崎 孝、1998:チベット高原における3次元ドップラレーダ試験運用・観測報告. 天気, 45, 483-487. [引用]
[Top]