Fauna Ryukyuana

 

8 - 2014年1月13日発行

駒井智幸・藤田喜久, 2014. 沖縄島沿岸の潮下帯砂泥域から得られた日本初記録のチゴスナモグリ(新称)(甲殻亜門: 十脚目: アナエビ下目: スナモグリ科). Fauna Ryukyuana, 8: 1–7.

嶋津信彦, 2014. 沖縄島国頭村佐手における外来種亜種ヤエヤマイシガメの分布に関する報告. Fauna Ryukyuana, 8: 9–16.



9 - 2014年1月24日発行

吉郷英範, 2014. 琉球列島産陸水性魚類相および文献目録. Fauna Ryukyuana, 9: 1–153.



10 - 2014年2月25日発行

岸野底・野元彰人・米沢俊彦・木邑聡美・和田恵次, 2014. 汽水性稀少カニ類ヨウナシカワスナガ二(ムツハアリアケガニ科)の記載補遺—とくに雄の形態について. Fauna Ryukyuana, 10: 1–8.



11 - 2014年3月24日発行

木村祐貴・和西昭仁・坂井陽一・橋本博明・具島健二, 2014. 鹿児島県口永良部島の岩礁性タイドプールの魚類相. Fauna Ryukyuana, 11: 1–7.

吉郷英範. 2014. 西表島から採集された日本初記録のイシヨウジ属魚類Corythoichthys polynotatus Dawson, 1977 (硬骨魚類綱トゲウオ目ヨウジウオ科). Fauna Ryukyuana, 11: 9–14.



12 - 2014年5月15日発行

成瀬貫・前之園唯史, 2014. ハジカサーヒメソバガラガニ (新称) (甲殻亜門: 十脚目: 短尾下目: ヤラワガニ科) の沖縄諸島からの記録. Fauna Ryukyuana, 12: 1–3.



13巻 - 2014年7月25日発行

小渕正美, 2014. 沖縄島沿岸から得られた国内初記録のハネウミシダ科2種について. Fauna Ryukyuana, 13: 1–9.



14巻 - 2014年8月26日発行

小枝圭太・津崎兼土・林田宜之・立原一憲, 2014. 沖縄島周辺海域から初めて記録されたフエダイ科フエダイ属魚類の2稀種イモトフエダイLutjanus madrasとハスジマタルミL. dodecacanthoides. Fauna Ryukyuana, 14: 1–6.



15巻 - 2014年9月14日発行

嶋津信彦, 2014. 2004年夏に実施した調査による座間味島, 阿嘉島, 外地島からの陸水動物の分布記録. Fauna Ryukyuana, 15: 1–4.

上野大輔・小室裕樹・邱永晋・長澤和也, 2014. 北西太平洋域から初記録となる魚類寄生性カイアシ類ウオノハブラシ (新称) Lernaeolophus sultanus (管口目ペンネラ科). Fauna Ryukyuana, 15: 5–9.



16巻 - 2014年10月9日発行

岡慎一郎•宮本圭, 2014. 沖縄島北部新里漁港にて灯火採集によって得られた仔稚魚. Fauna Ryukyuana, 16: 1–11.

浅利祐美子・成瀬貫・福田真・小島歩・伊澤雅子, 2014. 西表島トゥドゥマリの浜に漂着したオガワコマッコウ (クジラ目コマッコウ科) の漂着個体. Fauna Ryukyuana, 16: 12–19.



17巻 - 2014年12月4日発行

宮本圭•岡慎一郎, 2014. ホソイトヒキサギ Gerres macracanthus (スズキ目: クロサギ科) の沖縄島からの記録. Fauna Ryukyuana, 17: 1–6.

アーサーアンカー ・藤田喜久, 2014. 琉球列島下地島から記録されたイラウモエビ (新称) (甲殻亜門: 十脚目: コエビ下目: Barbouriidae). Fauna Ryukyuana, 17: 7–11.

角井敬知, 2014. 新規の感染経路: タナイス目甲殻類を利用する吸虫類幼虫の初報告. Fauna Ryukyuana, 17: 13–22.

成瀬貫, 2014. ハスエラタテジマウミウシの八重山諸島・外離島からの記録. Fauna Ryukyuana, 17: 23–24.




目 次













2014J_files/FR2-1_Obuchi_etal.pdf

目次 - 2014 (vol. 8–17)

ISSN 2187-6657

Cestraeus plicatilis Valenciennes, 1836, from Iriomote Isalnd. Photo by H. Yoshigou