消防法 危険物一覧

作成:琉球大学 機器分析支援センター 最終更新 2014/12/22

このページについて

このページは、消防法及び危険物の規制に関する政令にそれぞれ記載されている危険物の掲載部分を引用、一部加工したものです。

主な該当物質はSDS等を参考にし、取りまとめたものです。

何も表示されない、または動作や表示に不具合がある時は、Javascriptを有効にするか、簡易版(PDF形式)をご覧ください。

この一覧の使い方

各列の見出しの右端にある、上下の三角矢印をクリックすると、表をソートすることができます。

表右上の"Search:"に文字列を入力して、物質名などを検索することができます。

出典

消防法(最終改正:平成26年6月13日法律第69号) 別表第一
危険物の規制に関する政令(最終改正:平成25年3月27日政令第88号) 別表第三

記号 類別 性質 品目名 主な該当物質 指定数量 混載
第1類
混載
第2類
混載
第3類
混載
第4類
混載
第5類
混載
第6類
危1-1 第1類 酸化性固体(第1種) 塩素酸塩類 塩素酸カリウム
塩素酸ナトリウム
塩素酸バリウム
50 kg ―― × × × ×
危1-1 第1類 酸化性固体(第1種) 過塩素酸塩類 過塩素酸ナトリウム
塩素酸カリウム
50 kg ―― × × × ×
危1-1 第1類 酸化性固体(第1種) 無機過酸化物 過酸化リチウム
過酸化ナトリウム
過酸化カリウム
50 kg ―― × × × ×
危1-1 第1類 酸化性固体(第1種) 亜塩素酸塩類 亜塩素酸ナトリウム
亜塩素酸カリウム
50 kg ―― × × × ×
危1-1 第1類 酸化性固体(第1種) 臭素酸塩類 臭素酸ナトリウム
臭素酸カリウム
50 kg ―― × × × ×
危1-2 第1類 酸化性固体(第2種) 硝酸塩類 硝酸カリウム
硝酸ナトリウム
硝酸バリウム
300 kg ―― × × × ×
危1-2 第1類 酸化性固体(第2種) よう素酸塩類 ヨウ素酸ナトリウム
ヨウ素酸カリウム
300 kg ―― × × × ×
危1-2 第1類 酸化性固体(第2種) 過マンガン酸塩類 過マンガン酸カリウム
過マンガン酸ナトリウム
300 kg ―― × × × ×
危1-2 第1類 酸化性固体(第2種) 重クロム酸塩類 重クロム酸アンモニウム
重クロム酸カリウム
300 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) 過よう素酸塩類 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) 過よう素酸 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) クロム、鉛又はよう素の酸化物 酸化クロム(IV)(無水クロム酸) 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) 亜硝酸塩類 亜硝酸ナトリウム 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) 次亜塩素酸塩類 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) 塩素化イソシアヌル酸 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) ペルオキソ二硫酸塩類 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) ペルオキソほう酸塩類 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) 炭酸ナトリウム過酸化水素付加物 1000 kg ―― × × × ×
危1-3 第1類 酸化性固体(第3種) 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの ―― × × × ×
危2 第2類 可燃性固体 硫化りん 100 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 赤りん 100 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 硫黄 100 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 鉄粉 500 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 金属粉 アルミニウム粉
亜鉛粉
100 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 マグネシウム 100 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 その他のもので政令で定めるもの 100 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの 100 kg × ―― × ×
危2 第2類 可燃性固体 引火性固体 1000 kg × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 カリウム 10 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 ナトリウム 10 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 アルキルアルミニウム トリメチルアルミニウム 10 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 アルキルリチウム トリエチルアルミニウム 10 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 黄りん 20 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 アルカリ金属(カリウム及びナトリウムを除く。)及びアルカリ土類金属 リチウム
カルシウム
バリウム
ルビジウム
10 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 有機金属化合物(アルキルアルミニウム及びアルキルリチウムを除く。) ジエチル亜鉛 10 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 金属の水素化物 水素化ナトリウム
水素化カルシウム
50 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 金属のりん化物 リン化カルシウム 50 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 カルシウム又はアルミニウムの炭化物 炭化カルシウム
炭化アルミニウム
50 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 塩素化けい素化合物 トリクロロシラン 50 kg × × ―― × ×
危3 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの × × ―― × ×
危4 第4類 引火性液体 特殊引火物 ジエチルエーテル
二硫化炭素
アセトアルデヒド
酸化プロピレン
50 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 第1石油類(非水溶性) ガソリン
ヘキサン
ベンゼン
トルエン
酢酸エチル
石油エーテル
シクロヘキサン
メチルエチルケトン(2-ブタノン, MEK)
200 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 第1石油類(水溶性) 1,4-ジオキサン
アセトニトリル
アセトン
テトラヒドロフラン
ピリジン
400 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 アルコール類 2-プロパノール
3-メチル-1-ブタノール(イソアミルアルコール、イソペンチルアルコール)
アクリルアミド
エタノール
メタノール
400 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 第2石油類(非水溶性) 1-ブタノール
キシレン
灯油(ケロシン)
軽油
1000 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 第2石油類(水溶性) 酢酸
N,N-ジメチルホルムアミド(DMF)
ジメチルアセトアミド(DMA)
ぎ酸
2000 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 第3石油類(非水溶性) アニリン
クレオソート油
重油
ニトロベンゼン
2000 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 第3石油類(水溶性) エチレングリコール
グリセリン
ジメチルスルホキシド(DMSO)
ポリエチレングリコール
ホルムアミド
4000 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 第4石油類 ギヤー油
シリンダー油
6000 L × ―― ×
危4 第4類 引火性液体 動植物油類 アマニ油
ヤシ油
10000 L × ―― ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) 有機過酸化物 過酸化ベンゾイル 10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) 硝酸エステル類 硝酸メチル
硝酸エチル
ニトログリセリン
ニトロセルロース
10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) ニトロ化合物 トリニトロトルエン
2,4,6-トリニトロフェノール(ピクリン酸)
ニトロメタン
10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) ニトロソ化合物 ジニトロソペンタメチレン
テトラミン
10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) アゾ化合物 アゾビスイソブチロニトリル
アゾベンゼン
10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) ジアゾ化合物 ジアゾニジトロフェノール
ジアゾアミノベンゼン
ジアゾ酢酸エチル
10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) ヒドラジンの誘導体 硫酸ヒドラジン
フェニルヒドラジン
10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) ヒドロキシルアミン 10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第1種) ヒドロキシルアミン塩類 塩化ヒドロキシルアンモニウム(ヒドロキシルアミン塩酸塩) 10 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第2種) 金属のアジ化物 アジ化ナトリウム 100 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第2種) 硝酸グアニジン 100 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第2種) 1-アリルオキシ-2,3-エポキシプロパン 100 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第2種) 4-メチリデンオキセタン-2-オン 100 kg × × × × ×
危5 第5類 自己反応性物質(第2種) 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの × × × × ×
危6 第6類 酸化性液体 過塩素酸 300 kg × × × × ――
危6 第6類 酸化性液体 過酸化水素 300 kg × × × × ――
危6 第6類 酸化性液体 硝酸 300 kg × × × × ――
危6 第6類 酸化性液体 ハロゲン間化合物 三フッ化塩素
三フッ化臭素
五フッ化ヨウ素
300 kg × × × × ――
危6 第6類 酸化性液体 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの × × × × ――

危険物の特徴と混載表

分類 性質 特徴 第1類 第2類 第3類 第4類 第5類 第6類
第1類 酸化性固体 可燃物と酸化反応し火災爆発 ―― × × × ×
第2類 可燃性固体 低温で引火、着火 × ―― × ×
第3類 自然発火性物質および禁水性物質 空気又は水と反応して発火 × × ―― × ×
第4類 引火性液体 引火しやすい液体 × ―― ×
第5類 自己反応性物質 熱や衝撃で着火、燃焼、爆発 × × ―― ×
第6類 酸化性液体 可燃物と反応して、燃焼を促進 × × × × ――

お願い

このページは学内関係者への普及啓発を目的に作成したものです。内容に誤り等お気づきの点ございましたら、上記作成者までご連絡お願いします。

更新履歴

2015/6/5 更新 該当物質と混載表を追加

2014/12/22 作成