施設の概要

施設教職員
・施設長/動物実験委員長
          高山 千利(分子解剖学講座教授併任)

・准教授/実験動物管理者
          市瀬 広武 内線1208

・技術専門職員   中島 竜之 PHS4126
・事務補佐員    中村 浩美 内線1207
・技術補佐員    當眞 裕美子
・技術補佐員    外間 美香
・技能補佐員    中島 美也子
・技能補佐員    下地 知佳
管理室内線番号と受付時間
・内線1207
・平日 8:30~17:15(事務補佐員の対応は15:30まで)
施設利用可能時間
施設利用登録者は臨床研究棟側2階渡り廊下入口より24時間出入り可能
緊急時の連絡先
・勤務時間内(平日 8:30~17:15)   施設職員:内線1207, PHS4126
・勤務時間外および土日祝祭日     防災センター:内線2001, エネルギーセンター:内線2090~2093
緊急時の対応(学内限定)
災害対応マニュアル
緊急時の避難経路
緊急連絡網
 

 

沿 革

1981年(昭和56年)
4月 琉球大学医学部設置(動物飼育室は旧保健学部棟3階, 動物実験室は旧保健学部附属病院研究棟5階に設置されていた部屋を使用)
1983年(昭和58年)

8月 琉球大学流行性出血熱予防規則の制定
9月 琉球大学ラット等実験動物安全管理委員会規則の制定
10月 第一期分の施設が竣工(891m2)

1987年(昭和62年)
9月 第二期分の施設が竣工(896m2)
1988年(昭和63年)
10月 琉球大学動物実験指針制定
1991年(平成3年)
12月 動物実験計画書作成要領制定
1993年(平成5年)
3月 第三期分の施設が竣工(1,222m2)
4月 文部省令に定める正規の施設として許可
2016年(平成28年)
12月 外部検証プログラム実施