教育目標・達成目標 講義日程及び講義項目等 教科概要 評価方法 テキスト等
評価方法   << 戻る       進む>>

1. 専門性と問題解決力を測るため、講義と肉眼解剖学実習の進展に合わせて、2回筆記試験を行う。

2. 問題解決力とコミュニケーション能力を測るため、2回口頭試問を行う。

3. 専門性と問題解決力を測るため、解剖学実習の最後に、総合の筆記試験を実施する。

4. すべての試験の成績をもとに、合否判定を行う。
 不合格の者に対しては、必要に応じ、1回のみ再試験を行う。

5. なお、実習の欠席は原則、認めない。やむを得ず欠席する場合は、欠席届を
 提出すること。
 実習の出席回数は成績評価の一部とする。

6. 本試験の成績不服申立て期間は、成績発表後1週間とする。