最新ニュース!

  • '16/3/17再稼働原発モニタリング調査結果掲載
  • '16/3/17ホームページを更新!
  • '16/3/8研究成果が著名な教科書に引用
  • '16/3/1野原千代さんのことが書かれた詩が米文芸誌に掲載。
  • '15/5/26再稼働原発モニタリング・プロジェクト始動します!
  • '15/5/26経歴を掲載
  • '15/3/8コラボレーション企画のぺージを新設しました!
  • '15/3/5ゲノムプロジェクトの進捗状況を公開しました。
  • '15/2/10論文2本が出版されました。
  • '14/9/25最新論文の日本語訳を掲載しました!
  • '14/9/23フクシマ関連の新しい論文が出ました!
  • '14/9/23ホームページが新しくなりました!
  • '14/8/15フクシマ関連の新しい論文が出ました!
  • '14/5/31最新論文の日本語版を掲載しました。
  • '14/5/15発表論文のページを更新しました!
  • '13/10/25ゲノムプロジェクトおよび寄付金について更新しました。
  • '13/9/6福島論文の日本語訳を掲載しました!
  • '13/9/6『科学』(岩波書店)に論文が掲載されました!
  • '13/8/12福島関連の最新論文が出ました!詳しくはこちら
  • '13/8/6ヤマトシジミの突然変異体作成に関する最新論文が出ました!
  • チョウの表現型可塑性に関する最新論文が出ました!詳しくはこちら
  • 科学雑誌Natureのニュースで研究が紹介されました!
  • アメリカの国際分子進化学会(SMBE)で研究発表しました。
  • '13/3/30飯館村放射能エコロジー研究会(東京)で発表しました
  • Schweizer Radio und Fernsehen(スイス)で研究が紹介されました→動画のページ(SRF)
  • '14/3/14「野生動植物への放射線影響に関する意見交換会」(東京)に参加します→環境省によるお知らせ
  • 日本生態学会第60回大会に参加しました。
  • '13/03/06「福島原子力発電所事故のヤマトシジミへ生物学的影響」に関するQ&Aを掲載しました
  • '13/02/22昆虫と自然 2013年3月号(ニューサイエンス社)に環境変化による斑紋変化と進化表現型可塑性から福島原発事故(大瀧丈二)が掲載されました!
  • 修士課程学生募集のお知らせ

      大瀧研究室では、チョウを用いて、世界に先駆けて福島原発事故の生物影響調査を行いました。その後も調査および実験を重ね、これまでに知られていなかった野外での被曝影響の動向について報告してきました。これらの研究は世界中の研究者から高い評価を得ています。
      これまでの研究から、野外での被曝影響は、実験室内での被曝影響とはかなり異なっていることが判明してきました。一般に、被曝影響評価は実験室内における外部被曝実験と理論的予測によって行われているため、実際の野外での被曝影響と整合性が取れず、このことが研究者の間での安全評価の相違を生むことになっていることがわかってきました。
      現在、大瀧研究室では、野外において低線量でも被曝影響が大きくなる原因を探っています。しかしながら、現在、福島プロジェクトを動かしているのは2名のみで、フィールド調査や分析などの人手が絶対的に不足しています。
    そこで、大瀧研究室では、修士課程の学生を募集します。選抜方法は3種類ありますが、社会人特別選抜の場合、筆記試験は免除となり、面接試験のみです。ただし、学位取得後3年以上の社会的経験が必要で、7月28日までに予定指導教員(大瀧)とあらかじめ話をしておく必要があります。出願期間が迫っていますので、早めにご連絡ください。詳細は以下の募集要項を参照願います。
      基本的に大学卒業(学士号)相当の学位は必須ですが、学部での専攻内容は問いません。入学後に生物学の研究内容や研究方法を順次理解していってもらえれば大丈夫です。
      原発事故の生物影響に興味のある人や沖縄が好きな人は、この機会に大瀧研究室のメンバーになってみてはいかがでしょうか。

    平成30年度琉球大学大学院理工学研究科(博士課程前期)学生募集要項
    http://www.u-ryukyu.ac.jp/admission/graduate/pdf/h30_science_engineering_master2017052901.pdf

    連絡先: yamatoshijimi.net[at]gmail.com


    最新ニュース

    大瀧研の最新のニュースを掲載します。

    大瀧研究室について

    研究分野、研究方法やこれまでに行われてきた卒業研究のテーマなどを紹介しています。

    放射線関連の研究

    放射能汚染に関する研究を紹介しています。論文の日本語訳や解説を行っています。

    寄附のお願い

    フクシマ関連の研究は現在も継続中です。研究費の寄附をよろしくお願いいたします。

    解除リスク

    避難指示解除リスクプロジェクト

    指定解除された(される予定の)地域に生息するヤマトシジミを調べ、避難指示解除の妥当性について新たな視点から検討してみようという試みです。

    おしえてヤマミン

    ヤマミンが研究内容を解説!

    大瀧研究室のマスコットキャラクター「ヤマミン」が研究内容を解説します。現在はQ&Aを掲載しています。

    ゲノムプロジェクト

    ゲノムプロジェクト

    ゲノムプロジェクト

    ヤマトシジミのゲノムプロジェクトの成果などを公開していく予定ですが、まだ解析が完了しておりません。現在は進捗状況などをご報告させていただいております。

    SCS PACKEAGE

    SCS Package

    タンパク質解析を新しい視点で

    SCS Package は、アミノ酸組利用度を用いたバイオインフォマティクス研究に有用なWebサービスとデータを提供しています。